HOME   »  その他
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今更ですが・・・

あけましておめでとうございます!

「もう何言ってんのこの人・・・w」状態のSKINYAです。
色々、個人的な事情で更新してませんでしたorz

まあ記事にするほど面白いイベントもなかったわけで・・・

さて、いきなりですが!
マンガ大賞2010の話題に触れたいと思います。

今まで映画や特撮にしか触れず、漫画大賞に目を向けてなかったんですが・・・
しかし!今年は私のバイブルともいえるアオイホノオがノミネートされていると聞いて、もう歓喜状態ですよ。

ここでアオイホノオに関して、ちょっとだけご紹介したいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
アオイホノオ (島本和彦著) のあらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

時はパソコンやインターネットもない1980年代初期、
主人公は大阪の大作家芸術大学1年生の「焔燃」(19)
焔は漫画家あるいはアニメーターを目指し、大学生活を過ごしている。
ただし、何の行動も起こさない!
なぜなら!
焔は自分に才能があると信じているからだった!
いつでもプロになれる名アニメーターになれると確信していた彼だった。

しかし、
彼は知らない・・・
自分よりも才能がある人物が山のようにいるのを・・・

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

ってな感じです。
まあようは

自信過剰の若者が、世の中の厳しさや強者の存在を知り、
自分の未熟さを体感する

といった主人公の成長過程を描いた自伝的漫画です。

この漫画が気に入った理由は、主人公の目線が低い点です。

ここでの「低い目線」というのは、決して才能があるわけでなく、
「自分なら出来るだろう!」という自信過剰な主人公を指しています。
つまり、デスノートみたく天才的頭脳を持つわけでもなく、超人的能力も持たない、
いうなれば主人公の焔は「熱き魂だけが武器」と言った"一般人"なんです。

もちろん、焔もオタク的な知識はありますが・・・
"特殊"と言うほどのものじゃありません。

あと、漫画では1980年代のマンガやアニメが持つ魅力を「島本先生の視点」で紹介しています。
その点では当時の"オタク"を再現した作風になってます。
作品で取り上げてる話題もアニメ、マンガ、特撮と幅広いですからね~

そして、高橋留●子やあ●ち充、庵●秀明などの大作家が実名で登場してきます。
(他にも学生時代の大物が多数登場)
色々と事実と違うところはあるようですが、ほぼノンフィクションといっていいでしょう。
(まあ一巻の1ページ目に「フィクションです」と書いていますがねw)

そして、このアオホノがマンガ大賞にノミネートされることになったのです。

まあ、ノミネートされただけならここで終わるんですが・・・
今回の漫画賞の中にはアオホノのライバルとも呼べる作品がノミネートされているのです。
それが・・・

バグマン集英社 作画:小畑健 原作:大場つぐみ

あらすじは・・・
時は現代。
主人公は画力の才能に恵まれた"真城最高"と脚本力と天才的頭脳を持つ文才"高木秋人"。
中学を卒業した二人は、「18歳までに自分達の漫画をアニメ化させる」という目標を持ち、デビューを目指す。

といった、バグマンはサクセスストーリー的な漫画家マンガです。

島本氏のblogでも取り上げられていたマンガだったので興味は持っていましたが、
ジャンプということで避けていました。

1~2巻まで読んだ感想ですが・・・
素直に熱い青春マンガだと思いますし、面白い作品です。
「男のロマンをマンガという形で叶えていこう」という
若者の熱意は読んでいるだけで伝わります。
コマも多めで読みごたえもあります。
どっかの「叫んでいるだけ」のマンガとは大違いです。

「漫画家を目指す」という共通のテーマを持ったアオイホノオとバグマン。
そして、同じ漫画賞にノミネートされた両作品。
両者の違いを個人的な視点で検証したいと思います。




明日あたりに!!
いや紹介で長くなったものですから(苦笑)

というわけで、次回くらいに両作品の違いも含め、検証したいと思います。

では、またノシ
文字色今年のクリスマスもあっという間に過ぎてしまいました。
2009も残りわずか・・・・
せっかくのサイボーグ009イヤーだったのに何もできませんでしたorz
というか平成版のDVDboxが出てもよかったのに・・・

さて先日記したアンケート

「ウルトラマンと仮面ライダーどっちが好きか?」

私の答えを今日の記事にしたいと思います。

特撮ヒーローとして見るなら仮面ライダーの方が好きです。
まずデザイン面からの理由ですが、ライダーには様々な色や形をしモチーフがあるのに対し、
ウルトラマンシリーズは殆どが赤や銀、青といったカラーで、"意外さ"に欠けるものがあります。

また、戦い方の違いにも理由があります。
地球防衛軍などの組織的バックアップがあるウルトラマンシリーズに対し、
ライダーは基本的に孤独な闘いを強いられてます。
その上、組織に改造されたり家族を皆殺しにされたりと悲しい過去を持っていたりします。
(暗い過去を持っていないライダーもいますが)

"自分と同じ不幸を生まない為,たとえ一人でもにライダーに変身し戦い続ける"

そのライダーの闘志に惹かれた人も少なくないはずです。

もし、ウルトラマンと仮面ライダーのどっちかに変身できるのであれば、
断然私はライダーを選びます。

ウルトラマンは「力があるから地球を守っている」と言ったイメージがあって、
私はヒーローとして楽しむことが出来ません。

がしかし!
SFドラマとして見るのであれば断然ウルトラマンを支持します!
と言うのも個人的にライダーはヒーロー路線で特化している分、芸術性に欠けているのです。

確かにライダーダブルキックなどの必殺技や怪人が爆破するシーンには燃えるものがあります。

ですが、悪く言えばほぼ同じような展開が続いていき、怪人とライダーの戦いが本編になりがちです。
全てのライダーシリーズに言えることではないのですが、ワンパターン化が進み奥深さが無いのが欠点です。
平成シリーズにおいては玩具の売れ行きを伸ばす為にライダーを強化させたりしますしね。
(一種のハイパー化)
あと脚本家によって、一年の作品が駄作になると言う事も・・・


その点、ウルトラマンにはほぼ毎回ミステリアスなストーリーが用意され、独特な世界観に浸らせてくれます。
winnerさんの言うように社会風刺もありますしね。
ウルトラマンは本格的に大人向けのSFドラマですよ。

特撮的な視点からもミニチュアを使用して巨大さを表現する映像演出は日本独特の技法です。
オーバーになるかもしれませんが、ミニチュアは国家の宝と言っても良いでしょう。


まあ結局どっちも好きというのが答えです。
どちらのシリーズにも見る気も起きない作品もあります。
名前は言いませんがね。

ヒーロー活劇なら仮面ライダー
SFドラマならウルトラマン
って感じでいいんじゃないんでしょうかね~

詳しい両者の比較はまた違う日にでも・・・
どうも、お久しぶりです。
SKINYAです。
そして約三ヶ月ぶりの更新ですよ(笑)

実際この"SKINYA"として行動を起こすのは久しぶりですね。

なんでここまでサボっていたかと言うと・・・

ネタが無かった

これだけの理由です(笑)

さて、GTAの方ですが、こちらも数ヶ月前からご無沙汰状態が続いてます・・・orz
その為、キャラMODにも手をつけてません。

殆ど作り方の知識も風化しつつありますが・・・
近いうち”何か”作ろうかと思ってます。
(誰も得しないようないマイナーなものをw)


おまけ:仮面ライダーW編
仮面ライダーWは第一話放送以来毎週見ています。
率直な感想ですが・・・
平成ライダーシリーズ屈指の力作だと思います。

あとディケイドが残念クオリティになった理由が分かりました。
全ては仮面ライダーWの制作費を稼ぐ為だったんですよ!

以前にも昭和ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーZXでお祭り企画になったことがあります。
その時も、TVシリーズではなく"雑誌や映画"と言う形で発表され、
ある意味、ZXは見せ場が少ない”可愛そう”なライダーになってしまったわけです。

そしてそのZXが終了した後、始まったのが仮面ライダーBLACK!
BACKおよびRXは"てつを"からも分かるように、今も人気を保つ伝説的傑作として有名です。

つまり・・・今回のWも同じサイクルを引き継いでいるのであれば・・・
伝説的名作になる可能性が高いのです!
まあ、あくまでも”予測”ですがね(笑)

ある意味RXのようにいきなり、ハードボイルド路線からオチャラケヒーローになったり、
脚本家が変わり、理解不能な展開に発展するかもしれません。

まあ、Wは二話完結でストーリーが進んでいるライダーですからね。
途中からつまらなくなっても、一部の話で楽しめるから安心です。
主人公もひねくれてないし(笑)


話題づくりのアンケート:
Q.ウルトラマンと仮面ライダーどっちが好きですか?
 (出来れば好きな理由、嫌いな点も含めてコメントお願いします)

私の答えは次の記事あたりで・・・

では、メリークリスマス (0-0)ノシ
今回の記事はタイトル通り仮面ライダーWについてです。

ネットでは「左右非対称で気持ち悪い」「仮面ライダーW(ワロスw)」
などと酷評(?)されているライダーですが・・・・

個人的には「結構いける!」と思いました。

と言うのも、今回のWの外見は平成ライダーの中でもシンプルな方だと思います。
また、ライダーの象徴「マフラー」復活はアナザーアギト以来ですし、
顔のデザインも従来のライダー顔に近く、親しみやすいです。
顔文字にも出来ますからねw 

( 0Y0)/「お前の罪を数えろ!」
左右非対称なヒーローもW以前にもありましたし、(キカイダー、メタルダーなど)
問題ないでしょう。

あと、主役の設定が「探偵」っていうのも良いですよね。
石ノ森作品っぽくて。(キカイダーの漫画版にも探偵は出てきますし)
怪奇ホラーの路線を狙えれば、旧一号への原点回帰も可能でしょう。

今回のライダーの不満を挙げると・・・・
「二人で一人」と言う点でしょうね~

なんというか・・・未だに電王の影響が残ってる感じがします。(汗)
まあ「W」ですからね・・・仕方ないと言えば仕方ないんですが・・・w

んで今後の予想なんですが・・・

たぶん分離するんじゃないでしょうかね?


左「仮面ライダーV-1!」
フィ「仮面ライダーV-2!」
左・フィ「二人合わせて・・・・」
ピュキーン!(効果音)
「仮面ライダーVV !」
(VとVでWってことで)

なんか、DBのゴ○ンクスや○リキュアっぽいですがね(苦笑い)

しかし、分離してダブルライダー化はありえそうです。
ソフビとかも売れそうですし。

まあ、分離して単色になると地味になるでしょうがねw

とりあえず今後のバイクアクションに期待したいところです。

どうも、お久しぶりです。
SKINYAです。

更新をサボっていた為、生存報告することがメインとなりつつあります。

GTAも引退とまではいきませんが、キャラ製作は全く行ってません。
作り方を忘れない内に、一体か二体完成させたいものです。
(ライダー、東方、etc・・・)

ところで、ディケイドの放送が終了して間もない、この頃ですが・・・
正直・・・終盤のディケイドは酷いクオリティだったと思います。
9つの世界を旅していた前半~中盤までは純粋に楽しめていましたが、
コンプリートフォームが登場するようになって面白さが半減し、
見所も無くなったと思います。

不景気の為の人件費削減という事なのかもしれませんが、
敵怪人の数も少なく、戦闘もあっけなく終わってしまい
物足りなさを感じてしまいます。

反面、劇場版ディケイド「オールライダーVS大ショッカー」は良作になったと思います。
脚本、演出、アクションには不満もありますがね。
劇場版では、それぞれの歴代ライダーの特徴を再現してくれましたし、
何より「世界を救うヒーロー」としての「仮面ライダー」を描けた作品です。
アクションに関しては物足りないところもありますが、
そこは「ディレクターズカット」に期待したいところです。

先日行われた夏コミについても触れようと思ったのですが、
長くなりそうなのでまたの機会に・・・
FC2カウンター
プロフィール

SKINYA

Author:SKINYA
通称:侍 or SKINYA

年齢:もうすぐ妖怪が見れなくなる

特技:茶と米の味わけが出来る程度の能力(自称)

趣味:映画鑑賞、GTAのキャラ作り、落書き

嫌いなもの:チーズ、悪党、売国奴



pixiv ID:493907


MOD置き場



リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。