HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトその他  »  バグマンVSアオイホノオ part2
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、なんだかんだで前記事から二週間も過ぎてしましました。(汗)
色々な私用で更新できませんでした。

さて、早速本題に入りましょう。

バグマンとアオイホノオ(以下:アオホ)どっちが素晴らしいかということですが。

どっちも素晴らしい作品なので・・・・


甲乙付け難いです・・・orz

その理由は両作品の根本が似ているからです。

両作品の主人公ともに"あしたのジョー"の熱狂的ファンですし、
昔の作品や深い作品をリスペクトする点でも両主人公は似ています。
アニメに固執する点も同じかも。(若干方向は違うが)

「若いうちに漫画家を目指す」という点でも共通しています。
その為、上下を決めるのは難しいのです。
根本が同じですからね。

↓長々と続きます
ですが!

好き嫌い、支持するかしないかを決めることはできます。

私はアオイホノオを支持します。

理由として、幾つか挙げられます。
まず一つは、アオホの主人公の視点が「能力も乏しく、自信過剰な若者」だった点です。

アオホはバグマンと比べ弱者の視点から描いているんですよね。
アオホの主人公、焔燃は絵はそれほど上手くもないし、美しくもない。
どこにでもいる漫画オタクです。
しかも「いつでもプロになれる!」と勘違いするほどの自信過剰!
描ける漫画も、仮面ライダーやサイボーグ009、宇宙戦艦ヤマトなどのパロディモノばかり。

焔燃は徹底的に弱い主人公なんです。
それなのに"異様に自信"があるという熱血漢。(笑)

絶望的な現実を目の前にし、自らの弱さに気付きながらも自分の才能を信じ夢に向かって進む。
まるで映画「ロッキー」です。

まあそんな「無力だけど強気」なアオホの主人公に対し、
バグマンは作画の天才と脚本の天才が漫画界で成功していく話です。

「天才主人公」あるいは「特殊能力を持った主人公」と言うのはジャンプマンガらしいですし、
少年漫画としては最高に楽しめる設定です。
天才同士の会話のやり取りも読み応えがあり、面白いです。

しかし、この"真城最高"と"高木秋人"は才能があり過ぎて・・・
"バカっぽさ"が足りていないような気がします。
小畑先生特有の"才能に恵まれた綺麗な主人公"なんですよね。
高校生ということもあって、純粋過ぎるんでしょうか。
バグマンの1,2巻を読んだ段階なんですが、
もっと人間の"弱さ"や"汚さ"が描かれていても良いかなと思います。

2つ目は、私自身がそれほどジャンプ漫画に興味がないからです。

私も小学校から中学までの間はワンピースやミスフル、
シャーマンキングなどの作品に触れていました。

しかし、今じゃジャンプに触れることもない状態です。
どの作品が一位になっても興味を示さない、
いうなれば
私はジャンプを卒業した人間です。

つまり、バグマンでどんなに白熱する展開が起きていたとしても、
ジャンプを読んでいない私には続きに対する好奇心が湧かないのです。
3巻以降を未だに目を通していないのが何よりの証拠です。
1,2巻を読んだだけではジャンプだから成り立っている漫画とも思えてきます。

アオホも80年代のサンデーネタやアニメネタが多く、
80年代の世代でない読者には面白さに欠ける点があるのは事実です。
まあ、私は偶然80年代に興味を持っていたからアオホを読み続けられるんでしょう。

もし、私がジャンプ好きで80年代に興味が無かったら、バグマンを支持していたかもしれません。
こればかりは相性の問題なんですがね。


現実味のあるアオホとフィクションに近いバグマン。
結論として私は、現実味のあるアオホを選びました。
やはり、自分の弱さや未熟さを知った衝撃を過剰に描く、
"島本節"は面白いだけでなく力が湧いてきます。
バグマンの人間ドラマも熱いですがね(笑)


長くなりましたが、これらは私の価値観の問題です。
バグマンは漫画大賞にノミネートされるに相応しい、熱気と重みのある漫画でしたし、
同様にアオイホノオもクリエイターを目指す若者の苦悩と野望を描いた傑作です。

ただ、これだけは言いたいです。
「ジャンプで連載され、名度が高かったから」という理由で、バグマンが一位になるのだけは勘弁。

知名度の低い傑作にこそ賞が必要ですよ。
その方が漫画業界の発展になると思いますしね。

追伸:ノミネートされていないけど「侵略!イカ娘」(週刊少年チャンピオン連載)面白いです。
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
東京都青少年健全育成条例改正案
NEW Topics
新年の挨拶+新作
生存報告
【新企画】GTA SA 犯罪シリーズ(仮)+新cleo
生存報告
今年最後の更新
Comment
156
ジャンプは武装錬金とテニスの王子様で一旦卒業
サンデーはハヤテのごとくを読んでおります

ハヤテはネタの幅が広いので好きですww

友達はバグマンが面白いと言っていたけど

ここの記事読んだらアオイも気になるなぁw

いっそのこと両方・・・

157
ちなみにアオイホノオが載っているゲッサンは創刊から
毎月欠かさず購入しております。
そろそろ保管場所が・・・
アオイホノオは連載が月刊誌なのでストーリー展開が遅めですが、
一話一話が面白いのでお勧めです。
バグマンは週刊連載なので、月刊に比べ展開が早いです。
ただし、単行本で読んだ方が落ち着いて読めるかもしれません。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

SKINYA

Author:SKINYA
通称:侍 or SKINYA

年齢:もうすぐ妖怪が見れなくなる

特技:茶と米の味わけが出来る程度の能力(自称)

趣味:映画鑑賞、GTAのキャラ作り、落書き

嫌いなもの:チーズ、悪党、売国奴



pixiv ID:493907


MOD置き場



リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。