FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトその他  »  ヱヴァ 破 感想と考察(妄想)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもコンバンハSKINYAです。

日曜日に「ヱヴァンゲリヲン 破」を観てきました。

いや~色々凄かったです。
ネタバレになるので詳しくは言えませんが、
旧TV版ファンの予想を裏切る展開の連続でした。

映画の上映が終わったらあふれんばかりの拍手

キリスト教的表現も控えており、旧TV版よりも繊細にエヴァの世界を表現し、
コメディ要素も増えていて気楽に楽しめます。

今回の「破」で新たな「波」が発生するのは間違いないでしょう。

感想はこんな感じで、以下はネタバレがあるので、本編を観てない人はご注意ください。
























え~早速ネタバレなんですが・・・
今回はTV版と違いトウジが死ぬ(瀕死)ような鬱展開は殆ど無かったです。
とは言え参号機にはアスカが搭乗し初号機(ダミー)に破壊されます。
アスカは使徒に汚染され(?)、隔離されます。

破は、TV版よりも、学内でのシーン、クラスメイト同士の触れ合いが描かれ
ギャグシーンも増えました。

破にはクライマックスに第十使徒(ゼルエル)が出てきます。
TV版ではザルエルは零号機、弐号機を倒し、
最終的にシンジを乗せた初号機(暴走)に捕食されるわけです。

しかし、破ではレイを乗せた零号機がゼルエルに捕食(取り込む)されてしまいます。
そしてシンジはレイを取り戻すべく「自らの意思で」初号機を暴走状態にし、
ゼルエルを撃破します。


破では名前の通り、TV版の展開、常識を破壊した作品になったと思います。

「ヱヴァンゲリヲン 破」の破壊度ををガンダムで位置づけるならば。
Gガンダムに相当するでしょう。
主人公シンジがレイを救う為にエヴァを暴走させた点からも、
Gガンダムの最終回(告白シーン)に酷似しています。


結果として今回のEVAは「鬱々なEVA」から「明るいEVA」になったといえるでしょう。

では何故「明るいEVA」になりえたのか?

その答えは新キャラクター「真希波・マリ・イラストリアス」の登場にあります。
マリはEVA史上初の熱血系エヴァパイロットなんだと思います。

トウジも声優が関智一ということで熱気を噴出す熱血キャラでしたが、
TV版ではEVAに登場するも重症を負い、本編からも姿を消してしまいます。

つまりトウジ後退後のTV版エヴァの後半では熱血要因が皆無になり、
残った鬱と暗さ(不気味さ)が土台の展開になり、ブームを巻き起こすわけです。

しかし、放送当初、EVAの第一印象は
「日常生活に突如現れる脅威、その脅威から市民を守るのがエヴァンゲリオン」といった特撮的なものであり、特撮ファンやエヴァ的なコメディを好んでいた視聴者を
裏切る展開になりました。

そこで破では特撮ファン、コメディ好きの理に叶うように
死亡フラグが立ちそうにない熱血無敵キャラ「マリ」を登場させました。

現に彼女のお陰で戦闘中にも笑えるムードを作ってくれましたし、
視聴者も安心してEVAを楽しめるようになったと思います。

ある意味「マリ」はグレンラガン的島本和彦的なキャラで浮いた存在とも言えますがね。

だがそれがいいのだと私は思います。

マリは「萌え」と「燃え」を兼ね備えるキャラとして最後まで生き延びて欲しいです。


さて・・・最後に旧作エヴァに無かったもの、それは・・・

主人公、ヒロイン、その他登場人物の成長です。

これらが旧エヴァに欠如していたものであり新劇場版のメインテーマではないでしょうか。

ヘタレだったシンジは他人の為ではなく自らの為に全力を出し、
拒絶的だったレイは絆を大切にするようになり、
エリート単独主義だったアスカは笑顔と他人と生きる楽しさを知った。
多少アバウトですが、成長を通してのハッピーエンドが期待できます。

特にレイを取り戻そうと怒り狂い、レイのATフィールドを無理やり壊すシンジの姿は
そのものでしたね。
「駄目な馬鹿シンジ」から「いい馬鹿シンジ」になった瞬間ですね。
これで恐らく海外でのシンジの印象も大きく変るでしょうね。

破での鬱展開の無さからも、
旧劇場版の「気持ち悪い」というラストの台詞から
新劇場版では「気持ちいい」という台詞で幕を閉じるかもしれません。
それも青い空、青い海の下で。

Qではより特撮要素の増大を期待したいところです。
Qなだけに

ユニゾン・・・ダブルライダーキック・・・見たかったな・・・・
スポンサーサイト
Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
生存報告と映画評論
NEW Topics
新年の挨拶+新作
生存報告
【新企画】GTA SA 犯罪シリーズ(仮)+新cleo
生存報告
今年最後の更新
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

SKINYA

Author:SKINYA
通称:侍 or SKINYA

年齢:もうすぐ妖怪が見れなくなる

特技:茶と米の味わけが出来る程度の能力(自称)

趣味:映画鑑賞、GTAのキャラ作り、落書き

嫌いなもの:チーズ、悪党、売国奴



pixiv ID:493907


MOD置き場



リンクはフリーです。

FC2ブログランキング

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。